ビルトインコンロの据置枠とは

キッチンで使うコンロを選ぶときにはまずはビルトインコンロにするか、ガステーブルにするか、ガスキャビネットにするかといった選択肢から選ぶ必要が生じます。

その際にビルトインコンロについて調べていると、据置枠というものが販売されているのに気づくでしょう。

ビルトインコンロの据置枠とは一体どんなものなのでしょうか。

(ビルトインコンロを交換する際には電源周りの確認をしましょう)


据置枠とは何か

ビルトインコンロは通常はシステムキッチンなどを作り上げる際に内部に組み込まれる形で設置されるコンロというのが特徴です。厳密に言えば取り外しは可能なのですが、見た目ではキッチン台に内蔵されているかのように見えるでしょう。

コンロの表面とキッチンの天板が共通する形になっていて、余計な隙間がないことから掃除などもしやすく、デザイン性も高いため人気があるコンロです。ただ、基本的にはもともとビルトインコンロを組み込んであるキッチンでないと使うことができず、ガステーブルやガスキャビネットなどを使っていた場合には簡単に置き換えれば交換できるというわけではありません。

この問題を解決してくれるのが据置枠です。据置枠はビルトインコンロを据置型ガスコンロ、つまりガステーブルと同じようにして使えるようにするためのものです。通常ビルトインコンロはキッチン台の中に組み込むようにして使えるようにしてあるため、独立して使えるようには設計されていません。

しかし、据置枠の中に入れることでガステーブルと同じような状態になり、独立して使用できる構造になるのです。このため、ビルトインコンロとして販売されているものをガステーブルと交換して使いたい、あるいは他の場所に設置したい、キッチンのコンロを増設したいなどといったときにしばしば使用されています。

据置枠を選ぶ際の注意点

ビルトインコンロの据置枠を使ってみたいと思ったときにまず注意しなければならない点が二つあります。一つ目は、使用したいビルトインコンロに合っている据置枠を使わなければならないということです。これはもともと据置枠を使っていたというケースでも注意する必要がある点で、メーカーやサイズが違うと使用できないことがよくあります。

基本的にはビルトインコンロとセットで手に入れて使うものだと考えるか、新しくビルトインコンロまたは据置枠を買うときには規格が合っているものを選ぶようにするのが肝心です。二つ目に、据置枠を設置する場所についても注意が必要です。

このビルトインコンロを使いたいと思って設置場所の広さと比較し、ぴったりだと思って購入したとしましょう。その据置枠を手に入れていざ設置してみようとすると大きすぎておけないことがあります。なぜなら、据置枠はビルトインコンロよりも少し大きな寸法になっているからです。

設置場所に十分なスペースがあるかは据置枠の大きさで判断しなければならないのです。


据置枠を使うメリット

コンロを設置あるいは交換するときに据置枠を使うメリットは、ビルトインコンロも設置候補にすることができる点です。

もともとビルトインコンロを使っていた場合を除くと、キッチン台ごと全て交換しないとビルトインコンロを使えないと思っている人もいるでしょう。機能が優れていたり、デザインが魅力的だったりするビルトインコンロがあるというときにはかなりコストがかかってしまうので悩みになってしまいがちです。

しかし、据置枠を使用するだけでビルトインコンロも候補にできるのです。

また、据置枠を使って設置しようと考えると、設置場所にぴったり合うものを見つけやすくなります。特に通信販売を利用して買いたいと思っているときには据置枠を使用した方が心配がありません。基本的には据置枠は直方体の形をしていて、余計な出っ張りなどもないからです。

商品説明に記載されている外寸を調べて、スペースが十分にあるなら、その据置枠に適合しているビルトインコンロで大丈夫だと判断できます。ガステーブルを購入するときには、サイズが記載されていてもダイヤルやスイッチなどの出っ張り部分が考慮されたものなのかどうかがわからないことも珍しくありません。

置けるか置けないかわからないという悩みが出てくることもありますが、据置枠を使えば心配がありません。

据置枠を使うデメリット

据置枠を使ってコンロの設置や交換をするデメリットはコスト面が主なものです。まず、ビルトインコンロを新しく設置するときにビルトインコンロを買うのに加えて据置枠も買わなければならない場合はその分コストがかかってしまいます。

また、交換するときに違うビルトインコンロを選ぶと据置枠も交換しなければならない場合があり、コスト面について負担が大きくなるのは確かです。それに加えて、不要になった据置枠を廃棄するときにもコンロとは別扱いでの粗大ゴミ回収となるのが一般的になっておりさらにコストがかかります。

ただ、リサイクルショップで売り買いされていることもあり、安く手に入れることも可能です。ビルトインコンロが新品の場合に、あまりきれいではない中古の据置枠を使うと見栄えが悪くなりますが、その点を妥協できれば経済的な方法と言えます。

逆に、丁寧に手入れをしながら使っている設置枠であれば、不要の際には売ることもできるでしょう。もう一つ問題になることがあるのがデザインです。ショールームなどで美しいデザインのビルトインコンロを見つけて、是非ともこれにしたいと思ったときには注意しなければなりません。

キッチンに組み込んで使うのと、据置枠を使って設置するのとでは見た目がかなり変わります。設置された後の姿もイメージして考えなければならないので、もしかすると期待していたほどに美しい仕上がりにはならないかもしれないという覚悟を持っておく必要があるでしょう。

ビルトインコンロの設置や交換の注意点

据置枠を使ってビルトインコンロを設置したり、既存のコンロと交換したりするときには基本的には業者に任せるのが無難です。ただ、出張費と作業費を含めると数万円もしてしまうことが多く、DIYでできるならやりたいという人もいるでしょう。

安全には十分に気をつけなければなりませんが、特に資格を必要とする作業ではないのでDIYでやっても構いません。ただ、ガスコンロの場合にはガスホースとの接続をするときに据置枠と本体を上手に固定しながら作業しなければならず、力が必要になりがちです。

安全に作業を行えるようにするには二人でやった方が無難でしょう。